クラウドサービスを利用して大切なデータを守ろう

ロゴ

クラウドサービスの利用

オフィス

クラウドサービスとは

クラウドサービスとはデータの管理をインターネット上やサーバー上で行うサービスになります。またメールを一旦サーバーやクラウドを経由させるウェブメールもクラウドサービスの一つと言えます。クラウドサービスが浸透したのはスマートフォンが関係しているとされており、スマートフォンでのデータ管理やメールの送受信を端末であるローカルで管理しつつ、同じデータをインターネットのクラウドに保存、または同期することで二重にデータを管理できるようになったことがクラウドサービスが浸透した理由になります。便利で安全なクラウドサービスは今では多くの方々が利用しています。

万が一データを消してしまったら

大切なデータを端末ごと破損させてしまったことのある方は多いでしょう。一般的にはスマートフォンなどを落としたり、水没させてしまってデータごと失ってしまうケースが多いのですが、パソコンでも同様にこういった事象が起きます。スマートフォンを始めとする通信機器も精密な機械なので衝撃や水濡れで簡単に壊れてしまうのです。しかしクラウドサービスにデータを保存していると、端末と同じデータがインターネット上にも保存されているので別のパソコンやスマートフォンにしても戻すことが可能になります。情報は時にかけがえのない財産になりますので大切なデータをクラウドサービスで守りましょう。

クラウドの種類を調べる

クラウドサービスには大きく分けて2つあります。社内でサーバーごとクラウドを管理するプライベートクラウドとサーバーは第三者の管理下に起きインターネットだけを借りてくるパブリッククラウドになります。プライベートクラウドは自由度が高くカスタマイズ性に優れていますが管理に掛かる費用や手間は掛かってしまいます。パブリッククラウドは管理や手間を省くことが可能ですが、その分限られたサービスのみの利用になります。どちらを選ぶかは会社の環境やスキル、予算などを考えて判断するといいでしょう。部署に分けてどちらも利用するという方法もいいですね。

クラウドサービスのセキュリティ

パソコンやスマートフォンなどのローカルでデータを保存する場合、端末ごとデータを取られる可能性がありますが、クラウドサービスはインターネット上での管理になるので目に見えないですし、どこで管理しているのかも不明になるのでセキュリティとしてはかなり高いとされています。